イサキのさばき方!皮の剥ぎ方・刺身の切り方や上手な保存方法を紹介!

イサキのさばき方!皮の剥ぎ方・刺身の切り方や上手な保存方法を紹介!

イサキは夏が旬の白身魚です。釣りでたくさん釣れることもありますし、小ぶりのイサキが安く出回ることもあります。イサキのさばき方のコツは、まず特徴を知ることです。イサキのさばき方や刺身の切り方に加えて、上手な保存方法もご紹介します。

記事の目次

  1. 1.イサキのさばき方を知りたい!
  2. 2.イサキのおろし方
  3. 3.柵(さく)の状態にする
  4. 4.刺身の切り方と盛り付け
  5. 5.イサキの保存方法
  6. 6.まとめ

刺身の切り方と盛り付け

イサキは、焼く、煮る、揚げるなどの食べ方もできますが、脂がのった刺身も美味です。刺身の切り方と盛り付けの仕方をご説明します。

刺身のつまを準備

刺身を切る前に、皿に刺身のつまを準備します。盛り付けの外枠を作っておくことで、出来上がりのイメージを描きやすくなるからです。画像では海藻と大葉、スダチを添えています。

刺身を切る

刺身を切るときは、皮目を下にして斜めに包丁を入れ、削ぐように切っていきます。皮目を上にして切る方もいるので、好みでやってみてください。

斜めに切り込んだ包丁の刃を、最後に立てて切り分けます。

すると、画像の包丁の先で示した角の部分に、山ができます。盛り付けたときに格好よく見えるかもしれません。

刺身の盛り付け

刺身の盛り付けは奇数枚が基本です。また、器の余白を生かすとセンス良く見えます。この画像では刺身3切れを二つ折りにした状態で重ねて盛り付けています。

折らずにずらしながら並べてもきれいです。

わさびを添える

最後にワサビを添えます。ワサビは時間の経過とともに辛味が飛んでしまうので、食べる直前に盛り付けましょう。

イサキの刺身の完成です。

イサキの保存方法

出典:写真AC

釣りがお好きな方は、イサキがたくさん釣れることもあるかもしれません。イサキはいろいろな食べ方が楽しめる魚ですから、できるだけ鮮度を保って保存したいものです。イサキの保存方法をご紹介します。

1尾を保存するとき

1尾を保存するときは、まずイサキのさばき方①~⑤を行います。特に、傷みやすい内臓と血をていねいに取り除くのがコツです。水洗いして水気を取ったら、尾を切り落とします。

ひれは雑菌が多い部位です。尻びれと背びれも根元で切り落とします。キッチンばさみなどを使うとよいでしょう。

キッチンペーパーを腹に詰めます。血合いの多い背骨の近くにしっかり密着させましょう。

全体もキッチンペーパーで包み、更にラップで包みます。0℃付近で保存するのが理想的です。氷で全体を覆ったり、冷蔵庫のチルドルームに保存すると鮮度が保てます。

半身を保存するとき

半身を保存する場合は、⑥の二枚におろした段階まで進めます。中骨がついているほうを、骨がついたままで保存しましょう。空気に触れると血合い部分が変色しやすいので、中骨で保護するためです。中骨がついた半身をペーパーで包み、更にラップで包んで、冷蔵庫のチルドルームで保存します。

まとめ

イサキの小ぶりなものは手ごろな値段で入手でき、小さくても味がよいことで知られています。刺身、焼く、煮る、揚げるなどさまざまな食べ方ができることも、人気の理由です。釣りをする方は、大漁に恵まれることがあるかもしれません。イサキを少しでも無駄なく美味しく食べるために、さばき方と保存方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

参考動画

本記事は銀座渡利様のYouTubeチャンネルを参考に執筆させていただきました。一流料理人の調理技術を学べます。よろしければご覧ください。

銀座渡利様のYouTubeチャンネルはこちら

銀座渡利様のYoutubeチャンネルはこちら
渡利と申します。当チャンネルをご訪問いただきありがとうございます。 動画に関して、もしわからないことなどございましたら、気軽にご質問ください。 【プロフィール】 ・銀座の鮨屋で働く現役の板前です。(ギリ昭和生まれ。) ・鮨や和食に関する情報を発信していければと思います。 ・(たまにご質問をいただくのですが、)現在...
jitsu
ライター

jitsu

ものづくりと植物、読書が好きです。 放置竹林の伐採ボランティアに参加しています。

関連記事

記事ランキング