スケルトンハウスとは?その特徴や間取りなどをご紹介!

スケルトンハウスとは?その特徴や間取りなどをご紹介!

新築の家や移住を検討中の方必見!この記事ではスケルトンハウスとはどんな家のことなのか、5つ特徴や間取りについてご紹介します!魅力たっぷりのスケルトンハウスです。この機会に従来の家だけではなく、スケルトンハウスも検討してみてはどうでしょうか。

記事の目次

  1. 1.スケルトンハウスとは?
  2. 2.スケルトンハウスの特徴とは?
  3. 3.スケルトンハウスの間取りとは?
  4. 4.まとめ

スケルトンハウスとは?

スケルトンハウスとは従来の家づくりの常識をくつがえした、あたらしいタイプの家のことです。現在の日本の住宅事情は、基本的には家を新築して住むことができなくなれば壊してしまうというのが一般的です。一般的な家の寿命は30年程といわれています。しかしスケルトンハウスは家を2つに分けてつくることで長い年月住むことができる家づくりを可能にしました。

基本情報

Photo bySTAANGHERLIN

スケルトンハウスとは、スケルトン(家本体)とインフィル(家の内部)の2つに分けた家づくりのことです。スケルトンとは、構造から全館空調までの家の骨格にあたる部分のことをさします。そしてインフィルとは内装や水回り、仕上げなど家の内部のことをさします。スケルトンハウスを企画しているエリアは鎌倉エリアが中心で、画期的な企画として徐々に広がりつつあります。

スケルトンハウスの特徴とは?

Photo by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

スケルトンハウスには従来の住宅とは違う大きな特徴があります。まずは2つに分けて家づくりを考えるということが大きな特徴です。家の構造や空調、デザイン、価格について詳しくご紹介します。これらの特徴に魅力を感じ、鎌倉エリアに移住を考えている人にも人気がでてきています。

構造

Photo byimage4you

スケルトンハウスの構造はとても丈夫な建築方法を採用しています。スケルトンハウスは「木造・HS金物構法」という建築方法を使います。「木造・HS金物構法」とは木造の家づくりを活かし、さらに建物の強度が増す家づくりです。そのほかにもこの「木造・HS金物構法」をつかうとさまざまなメリットがあります。例えば環境にもやさしい、耐震性も従来の家に比べてあがるなどのメリットです。

デザイン

スケルトンハウスのデザインはとてもシンプルでコストの面から基本的な形があります。基本的な形は2階建て、箱型となっています。そして外壁は長年愛され、年々魅力が増すようにシダーウッドなどの木材が使われています。そのため鎌倉エリアだけではなくいろいろな環境にも馴染むつくりに仕上がっています。シンプルで飽きのこないデザインは女性にも人気があります。

全館空調

Photo byRDLH

スケルトンハウスは住む人の心地よさを追求し企画されました。そこでスケルトンハウスは全館空調をとりいれています。各部屋ごとにエアコンを使うのではなく、家全体を快適な温度に設定することができます。また室内機が見えないつくりになっているのですっきりとシンプルな印象です。この空調設備のおかげでホコリがたまることもなく衛生面でもメリットがあるといえます。

耐久年数

スケルトンハウスの耐久年数をスケルトンとインフィルにわけてご紹介します。スケルトンの耐久年数は100年程です。そしてインフィルは20年から30年程となっています。そのためインフィルを入れかえることで、次世代へと続く家づくりができます。スケルトンの耐久年数が長いので、壊す必要なく代々住むことができます。耐久年数が長いことで、環境にもやさしい家です。

価格

Photo bynattanan23

スケルトンとインフィルに分けてご紹介します。新築のスケルトンは平均1000万円代から購入できます。そしてインフィルはDIYで仕上げると約100万円から200万円ほどかかります。その他に工務店やデザイナーにインフィルを頼むことも可能です。スケルトンハウスは注文住宅に比べ比較的安い価格で家が買えます。また鎌倉エリアでは賃貸のスケルトンハウスがあるのも魅力です。
 

スケルトンハウスの間取りとは?

やはり家づくりでは間取りも気になるところです。スケルトンハウスは基本的には決まった間取りはありません。住む人がDIYをして作ったり、工務店などに頼んだり、自由にきめることができます。自分の心地よい空間を追求した家づくりが可能ということです。

スケルトンハウスの基本的な間取り

間取りは基本自由です。スケルトンの状態では柱も壁もない状態なので、さまざまな間取りが可能になりました。間取りは水回りもふくめ、後からじっくりと住人が自由に企画していくのです。もちろん女性ならではの目線で家事の動線を考えることもできます。そして台所も自由に設計できるので、女性には嬉しい間取りのシステムです。

ライフスタイルに合わせられる間取り

Photo byFree-Photos

スケルトンハウスはインフィルを自由に変えることができるので、間取りは自由自在です。ライフスタイルは月日とともに変わるものです。スケルトンハウスはライフスタイルの変化に応じて間取りを変えていくことができます。そのため次世代へ家を渡していくことも可能です。

まとめ

どうでしたか?スケルトンハウスとはいままでにはない画期的な家づくりでした。価格もコストパフォーマンスに優れていて、女性目線で家事のしやすい家もつくることができます。新築の従来の住宅にしばられずにスケルトンハウスのような自由な家づくりも考えてみるのもよさそうですね。

donguri
ライター

donguri

ものづくりと美味しいものを食べることが趣味です。

関連記事

記事ランキング

記事はありません。