自家製コーラの作り方!本家に近い味を再現するための材料・手順を紹介!

自家製コーラの作り方!本家に近い味を再現するための材料・手順を紹介!

コーラを自作できるって知っていますか?「都市伝説じゃないの?」と思った方!実はメーカーにも負けないくらい美味しいコーラを再現する事ができるんですよ!コーラの誕生秘話や自家製コーラの作り方を、材料と詳しい作り方と一緒に紹介します。




記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.コーラってどんな飲み物なの?
  3. 3.コーラが作れるって都市伝説なのか!?
  4. 4.コーラを作るのに必要なもの
  5. 5.手作りコーラの材料
  6. 6.自家製コーラの作り方を試してみよう!
  7. 7.自家製コーラの作り方のまとめ

はじめに

出典:写真AC

コーラはとっても美味しい飲み物ですよね。映画を見るときやスポーツ観戦のお供に最適です。急にコーラを飲みたくなったときに「家にストックがない!」そんなときもあるはずです。自分でコーラが簡単に作れたらいいな~と思った人も居るのではないでしょうか?そんな魅力的なコーラを手作りするために、コーラについて調べてみましょう。

コーラを簡単に作れたら、お店に買いに行かなくてもよいのにね~。作れたとしても、きっと難しそうよね。

コーラの作り方って、そんなに難しくなかったと思うんだけどな~。詳しくは思い出せないや。

じゃあ、コーラについて一緒に調べてみましょう!家でコーラを作ったら、コーラが飲み放題よ~。何より楽しそうだわ。

コーラってどんな飲み物なの?

出典:pixabay

「コーラ」と言われると、ほとんどの人が想像できるくらい有名な飲み物です。この世界的に有名なコーラは、どのようにして誕生したのでしょうか?

コーラってどんな飲み物だったのかしら?昔から、大人にも子どもにも人気がある飲み物だったりして。

そうだね~。どんなものも「最初のもの」ってなかなか興味を持ってもらえないんだよね。コーラは何がきっかけで大人気商品になったんだろうね。

コーラといえば「コカ・コーラ」を思い出すから、コカ・コーラについて少し調べてみましょう!

コーラはいつからあるの?

コカ・コーラの歴史を調べると、1886年に薬局で初めて売り出されたということが分かります。最初は1杯5セントで売り出されていたようです。最初の年の売れ行きはそれ程多くはなく、1日の平均の売り上げ量は9杯ほどだったといいます。1888年から1891年にかけて、ビジネスマンであった「エイサ・G・キャンドラー」が事業の権利を買ったことで、世界的に人気がある大ヒット商品となっていきました。

コカ・コーラの誕生秘話って気になっていたけれど、最初は薬局で売っていたのね!しかも、1日に9杯くらいしか売れなかったなんて信じられないわ。

全く知らない飲み物は、怪し過ぎて飲もうと思えないよ。それでもコカ・コーラは少ない量でも売れてたんだからさすがだよな。

コーラを作った人は?

出典:pixabay

コカ・コーラを作った人は薬剤師「ジョン・S・ペンバートン博士」です。自ら調合した「カラメル色をした香り豊かなシロップ」を、炭酸水と混ぜ薬局で提供しました。これが「コカ・コーラの元」で、複数のスパイスを独自に配合して作り上げました。最初、試飲という形で提供しましたが、飲んだ人はこの飲み物を絶賛したといいます。ペプシコーラの誕生は1894年に「ケイレブ・ブラッドハム」という薬剤師が、消化不良の薬として売り出した飲み物が元だそうです。

試飲してみた人みんなが絶賛したっていうのは、分かる気がするわ〜。だってコーラって、いくらでも飲めちゃうくらい美味しいんだもの。

確かにコカ・コーラは美味しいけど、俺はどちらかというとペプシコーラの方が好きだな。ペプシコーラは、コカ・コーラが出た後に作られたんだな。

2つともとってもよく似ているけど、ペプシコーラの元は、消化不良の薬だったとは思わなかったわ〜。今ではちょっと考えられないわよね。

コーラが作れるって都市伝説なのか!?

出典:pixabay

コーラがどんな飲み物かが分かったところで、コーラを作るためには何をしたらよいのでしょうか?そもそも、あのコーラを手作りすることは可能なのか気になりますね。作れたとしても、味はどんなものなのか?美味しいものができあがるのか?とっても気になるところですね。

コカ・コーラは、製法など世界中でも数人しか知らないみたいだね。複雑なスパイスの調合や詳しい成分なんかは秘密なんだな。

そんなものを、手作りしようとするなんて無理じゃない!?やっぱりコーラが手作りできるなんて、都市伝説なんじゃないの?

みんな試行錯誤してあの味を再現したいんだな。かなり近い物ができる「手作りコーラ」として知られている情報を見ていこうか。

コーラの作り方はどうやっているの?

出典:pixabay

コーラの作り方の「細かい成分やスパイスの種類」「作り方」などは、企業秘密になっているので公には公開されていません。しかし、簡単に言ってしまうと「スパイスの香りを移したシロップを炭酸水で割る」という事です。ここで重要なのは「複数のスパイスを揃える」という点です。限りなくコーラの味に近づけたいときには、コーラナッツを手に入れて手作りしてみましょう。

自家製コーラは作れる?

自家製コーラを作れるか作らないかでいうと、自家製コーラは作れます。市販のコーラとはちょっと違いますが、飲んでみると「あっ!コーラだ!!」と思うくらいコーラの感じがする飲み物ができあがります。
 

市販されているコーラと全く同じ!ってそこまではいかないけど、かなり美味しい手作りコーラができるみたいだ。

「材料・成分・製法」が秘密になっているから「作るのは難しいのかな?」って思ったけれど、美味しい物が作れるのならば挑戦してみたいわよね!
 

コーラを作るのに必要なもの

出典:pixabay

コーラを作るために必要なものを確認してみましょう。材料も重要ですが、必要な道具や器具もしっかと押えておくポイントです。コーラを作るときに限ったことではないですが、手作りで料理をするときにも道具や器具はとっても必要なものになります。コーラを作ることも、料理と変わらないので準備してから作るとよいですね。

コーラを作るときに必要なものって何だろう?

特殊な材料なんてあるとちょっと難しいよね。どこの家でもあるもので作れるのかな?

必要な道具

  • 鍋:これは絶対に必要です。材料を煮出すので、絶対に必需品です!
  • 保存容器:保存容器は空き瓶などでも代用できます。スパイスを煮出した後に保存容器に入れて、冷蔵庫で寝かせるのでこれも必需品です!

道具はどこの家でもありそうなものね。特に取り寄せて買うことはなさそうね。

保存容器は、スパイスを煮出した後に冷蔵庫に寝かせるときに使うんだな。

そうね。それにも使うんだけど、できあがったシロップを保管することにも使うのよ。だから、できれば密封容器や瓶がいいわね。

必要な材料

出典:pixabay

コーラを作るときに必要な材料は「スパイス」「レモン」「砂糖」「水」これだけでもよいのですが、あれば「コーラナッツ」があるとさらにコーラ感が出て、市販されてるメーカーさんのコーラに近づきます。詳しい製法などは謎のままなので、世間のコーラを再現したいみなさんの努力の成果をお伝えします。詳しいレシピは後ほどの、レシピの紹介で詳しく載せています。

手作りコーラの材料

出典:pixabay

いよいよ「コーラのレシピ」の紹介です。まずは、必要な材料を揃えて計量してしまいましょう。必要な材料の計量は、料理作りの基本になりますね。しっかり材料を揃えてから作っていきましょう!

必要な道具と材料が分かったから、いざ!作ってみましょう〜。

簡単に作れるといいなぁ〜。

コーラの材料

  • シナモンスティック:2本
  • バニラビーンズ(棒):1/2本
  • クローブ(ホール):3g
  • カルダモンシード:2g← カルダモン(ホール)の場合は3g
  • レモン:1/2個
  • 砂糖:500g←甘さを控えたいときは450g
  • 水:500cc
  • コーラナッツ:50g←なくても大丈夫です

インターネットで自家製コーラのレシピを調べてみると、このレシピで使っている人が多かったみたいよ。

コーラを再現しようと思う人は意外と多いんだよな。コーラのレシピで調べるといくつか種類が出てくるから、みんな頑張っているんだ。

「コーラナッツ」があると、とってもコーラっぽくなるみたいね。絶対必要ではないみたいだけど、ここは揃えて作ってみたいところだわ。

自家製コーラの作り方を試してみよう!

出典:pixabay

必要なものがわかったところで、いよいよ「コーラ」を作れる段階になりました。ここまで来たら、あとはLet's Cooking!美味しいものが出来上がるか、ワクワクしてきますね。製法や成分は、市販されているメーカーのものとは違いますが謎が多いコーラをどこまで再現できるでしょうか?

詳しい材料とレシピが分かったから、いざ実際に作ってみようか!

そうね!作り方を確認しながら作ってみましょう~。

コーラの作り方

  1. シナモンスティックに縦に切れ目を入れて、香りが出やすいようにします
  2. レモンは輪切りかイチョウ切りにします
  3. 全ての材料を鍋に入れて中火で温めます
  4. 沸騰してきたら、火を止めて粗熱が取れるまで少し放置します
  5. 粗熱が取れたら中身を保存容器に移して、冷蔵庫で半日~1日ほど寝かせます
  6. シロップに風味を馴染ませたら、ザルでこしてシロップの完成です
  7. 保存期間は1ヶ月ほどですが、1ヶ月以内に消費するようにしましょう

注意点

手作りのコーラシロップは、無添加だから保存するときには密封容器や瓶に入れて保存するようにして下さい。冷蔵庫で保管して、1ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

このコーラシロップを炭酸で割ったら、自家製コーラの完成なのね!意外と簡単にできちゃったわ。

実際に飲んでみると、味は「スパイス風味でサッパリ目」な感じで市販のコーラよりは甘くないみたいだな。無添加だから体によさそうだ。

自家製コーラの良い所は、味を自分好みに近づけていけることね。そのうちメーカーにも負けないくらいの、秘密レシピができちゃうかもしれないわ。

意外と多いアレンジコーラの作り方

自家製手作りコーラのシロップが完成したら、せっかくなので炭酸で割る以外でもぜひ試してみて下さい!コーラシロップのおすすめの使い方をいくつか紹介します。

おすすめのアレンジレシピ

  • コーヒーで割る
  • 牛乳で割る
  • ホットコーラ
  • アイスにかける

へぇ~。炭酸で割る以外にも使い方ってあるんだな。コーラフロートがあるから、アイスにかけるっていうのは美味しそうだよな。

牛乳で割ると、チャイのようになるみたいよ。コーヒーで割ると、スパイス風味が少しする甘みがあるコーヒーになるみたい。

シロップを作っていろいろなアレンジを楽しめば、1ヶ月以内には使い切れそうだよな!せっかくだから、楽しみながらコーラを飲みたいものだ。

自家製コーラの作り方のまとめ

出典:pixabay

コーラの誕生秘話や作り方など、謎が多いコーラについて調べてきましたがいかがでしたでしょうか?自家製コーラの作り方を調べると、いろんな人があの味を再現しようと努力をしていることが分かります。ここで紹介したレシピも、おすすめの1つに過ぎないのでいろいろとアレンジして自家製コーラを楽しんでみて下さい!ただし、自家製コーラは無添加になりますので、シロップは1ヶ月以内で使い切るように気を付けてくださいね!

扇花
ライター

扇花

自分で何かを作ることが大好きで、いろいろと挑戦しています。その中で、何かためになることがあったら紹介していきたいと思います。

関連記事

記事ランキング