アルミの錆の落とし方6選!白錆の除去方法や手入れの仕方を解説!

アルミの錆の落とし方6選!白錆の除去方法や手入れの仕方を解説!

普段あまり意識することのないアルミの錆、知らずに目にしたことがあるかもしれません。錆びにくい素材として知られるアルミですが、もし錆びてしまったらどうやって落としたらいいのでしょう。ここでは錆の落とし方と予防法について説明します。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.アルミの錆の原因
  3. 3.アルミの白錆の落とし方
  4. 4.アルミの白錆を予防する方法
  5. 5.おわりに

はじめに

フリー写真素材ぱくたそ

年中外気に触れる窓のサッシやシャッター、門扉などにも一般的にアルミが使われているため、アルミは錆びないと思われがちです。しかし一方で、昔から住んでいる自宅の窓のサッシが腐食して困っている、という声も。つまりアルミは、「錆びにくい」ですが「錆びない」わけではないということです。

アルミの錆とは

出典:フリー素材のぱくたそ

お店から受けとったお釣りや、道端に落ちていた硬貨の中に、かなり年季の入った1円玉を見つけたことはありませんか。白く斑点状に変色し、艶がなくザラザラとしたもの。アルミでできた古い1円玉の表面にある一見カビのようなも…それはカビではなく錆なのです。

出典:フリー素材のぱくたそ

「錆」と聞くと、パッと思いつくのはやはり釘や鉈についた赤錆ではないでしょうか。しかし錆には「白サビ」といわれるものもあり、アルミに付くのが正にそれです。赤茶色の錆を見慣れている人たちからすると、白サビは一見ただ汚れているだけにも見えますし、粉を吹いてるようにも見えるため、錆ではないと勘違いしてしまうこともあります。腐食しやすいものの代表としては、窓のアルミサッシ、自動車のタイヤのホイール、倉庫のシャッターや門扉、キッチン用品などが挙げられます。

アルミの錆の原因

Photo byFree-Photos

アルミが錆びてしまうのは何故か。それは埃や砂、排気ガスや潮風といった汚れが付着し、それをお手入れせずに放置してしまうことで起こります。大気中の湿気や雨といった水分とあわさり、アルミに付いた汚れは腐食性水溶液に変化してしまいます。そしてこの腐食性水溶液は、アルミの表面を覆っている酸化膜を溶かし、結果アルミ本体を守るものがなくなり錆びてしまいます。

Photo bymarkusspiske

給湯器から出る排気ガスなどもアルミを錆びさせる原因になりますので、近くに窓がある場合は注意が必要です。また、アルミに傷をつけてしまった場合も、同様に表面の膜を剥がすことになり、腐食を進行させる原因の一つです。つまり、汚れ・水分・傷の3つが主な原因となります。

アルミの白錆の落とし方

Photo bywebandi

付着してしまった白サビを落とす方法は、身近なものから市販品まで色々とあります。専用の錆取り剤をご使用になる前に、まずいくつか身近なもので錆取りする方法を紹介いたします。

落とし方①お酢

まずは最も身近なもので錆取りしてみましょう。どこの家のキッチンにも必ずありそうなお酢です。酢酸には酸化を分解する力があります。お酢を染み込ませた布を、錆びた部分に包み込むように被せ、数時間置きます。その後歯ブラシなどで慎重に擦り落とします。気付いたときに実行しやすいアイテムなので、アルミが白く変色してきたな、と気づいたら試してみてください。キッチン用品や工具など、比較的小さなものは直接お酢に漬けるのも効果的です。

落とし方②クエン酸

Photo bycongerdesign

キッチン用品や工具など小さなアルミ製品にはこちら。プラスチック製のボールやケースに適量のクエン酸を入れお湯で溶かし、錆ついたものをそこに漬け置きします。金属製のボールは酸で溶けてしまう可能性があるので避けましょう。また有毒ガスの発生を避けるために、ほかの塩素系洗剤と交ぜるのもNGです。一晩浸けた後は水洗いしてしっかり乾かします。またクエン酸を含むライムやレモンの果汁を絞り数時間置き、皮で擦り落とすのも効果的です。

落とし方③歯磨き粉

Photo bystevepb

これは最も初期の段階で効果のある方法です。身近な日用品である歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、本来の歯を磨くという用途以外にもさまざまな場面で使われていますね。アルミの白サビにとっても例外ではありません。歯ブラシを使って錆びた部分を擦るように磨いてみましょう。しかし先に述べたように、歯磨き粉は比較的早い段階の白サビに対応できる方法です。錆の深刻さを図るのに、まず歯磨き粉を使ってみて、落ちなかったら他の方法を試すのもよいかもしれません。

落とし方④クレンザー

昔からキッチンで活躍しているクレンザー。シンクに付着した錆を落とすときにもよく使われるアイテムです。こちらも歯磨き粉と同様、研磨剤を使って擦り落とすといった方法です。錆びた個所に適量を塗布し、歯ブラシなどで擦ります。安価で手に入りテクスチャーも丁度よいため、広範囲にわたる錆におすすめです。こちらは一般的な赤錆にも効果があることがわかっています。

落とし方⑤紙やすり

出典:Pixabay

ホームセンターなどで手に入りやすい紙やすりです。#の後ろの番号が小さいほど目が粗く、大きいほど細かくなります。#0から#1000くらいまでが錆落としに適しているので、錆の状態によって使い分けましょう。紙やすりを使うことはアルミ自体を削ることになるので、腐食が進行している個所の場合、多少の変形は否めません。削った個所を滑らかにしてくれるので、耐水ペーパーを錆取りの仕上げに併用するのがおすすめです。

次のページ

アルミの白錆を予防する方法

関連記事

記事ランキング

記事はありません。