ひな祭りにすることは?ひな人形の飾り方・しまい方や収納方法をご紹介!

ひな祭りにすることは?ひな人形の飾り方・しまい方や収納方法をご紹介!

ひな祭りは、女の子の健康と幸せを願う節句です。ひな人形を飾り、ごちそうを食べてお祝いします。ひな人形の飾り方は決まっていますが、似た人形や道具がたくさんあるため、わかりづらいです。この記事では、ひな人形の飾り方やしまい方をふくめ、ひな祭りについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ひな祭りとは
  2. 2.【ひな人形の飾り方】飾る時期や場所
  3. 3.【ひな人形の飾り方】ひな人形の並べ方
  4. 4.ひな人形のしまい方
  5. 5.ひな人形の選び方
  6. 6.ひな人形とのお別れの仕方
  7. 7.ひな人形を飾ってお祝いしよう

ひな祭りとは

Photo byekochin_6262

ひな祭りのはじまりは、中国の「上巳(じょうし)の節句」です。上巳の節句には、自分の厄を和紙の人形にうつして水に流す風習がありました。これが、当時の女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と結びついたのが、ひな人形の原型の「流し雛(ながしびな)」です。その後人形は精巧に作られて家に飾るようになり、女の子の節句として現代の形になりました。

ひな祭りにすること

出典:写真AC

ひな祭りは桃の節句ともいわれ、おひなさまや桃の花を飾り、女の子の健康や幸せを願いながらお祝いします。ひなあられや桜餅、ひしもちといったひな祭りを代表するお菓子やちらし寿司、ハマグリの潮汁、白酒などを用意するのが伝統的ですが、近年では、ライフスタイルにあわせてお祝いをするのが一般的です。

女の子が産まれて初めての桃の節句は「初節句」と呼ばれ、親族を呼んで盛大にお祝いすることも多いです。記念に写真館で写真を撮るのもいいですね。

ちらし寿司の作り方!具材の選び方はどうする?コツや手順を解説!のイメージ
ちらし寿司の作り方!具材の選び方はどうする?コツや手順を解説!
ハレの日にも食べられる和食の定番パーティーメニュー「ちらし寿司」の作り方をご紹介します。酢飯に好きな具材を乗せるだけの簡単調理で、豪華な食卓が演出できるのがちらし寿司の最大の魅力です。この記事では、基本の酢飯の作り方や具材の選び方をご紹介いたします。
ハマグリのお吸い物の作り方!蛤の下処理方法や煮込む時間のコツは?のイメージ
ハマグリのお吸い物の作り方!蛤の下処理方法や煮込む時間のコツは?
「ハマグリのお吸い物」の作り方をご紹介します。ハマグリは「貝むき」と呼ばれる下処理で、海水が混ざることなく、砂や汚れもきれいに取り除けます。今回は、お店でも出されるような絶品のハマグリのお吸い物の作り方を、貝むきの方法や煮る時間も含めお話しします。

【ひな人形の飾り方】飾る時期や場所

飾る時期

出典:写真AC

ひな人形をいつ飾るかは決まりはありません。節分が終わって立春になり、暦の季節が春になった時期が一般的です。地域によっては1月くらいから飾り始めるところもあります。ひな祭りの前日に飾るのは「一夜飾り」といわれ、縁起がよくないです。余裕を持って、ひな祭りの1週間程度前までの天気がよく、暦の日にちがいい日に飾るようにしましょう。

飾る場所

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

ひな人形にとって大敵なのは、紫外線に湿気、温度差の3つです。窓際など直射日光が当たる場所や湿気がたまりやすい場所、結露してしまうような場所には置かないように気をつけましょう。エアコンやヒーターの風をあててしまうと、乾燥でひび割れを起こしたり、温度差で木が歪んだりするので注意が必要です。

【ひな人形の飾り方】ひな人形の並べ方

セットによって飾り方が違う

Photo by Nullumayulife

ひな人形はセットによって段数や人形の数、小物なども違っています。店などで選ぶ際に写真などに残しておくと、家に帰ってから飾りやすいですよ。基本的に、一段目はお内裏様とおひなさま、二段目が三人官女、三段目に五人囃子、四、五段に大臣、仕丁(しちょう)、最終段は重箱やかご、御所車となっています。
 

各段に飾る人形や小物の種類の一例
1段目 内裏びな、三宝、菱台、高坏(※1)、桜橘(紅白梅)(※2)
2段目 三人官女、高坏
3段目 五人囃子、調度品(※3)、桜橘(紅白梅)(※3)
4段目 右大臣、左大臣、仕丁(※4)、お膳、菱台、調度品(※5)
5段目 仕丁、調度品、重箱、かご、御所車(牛車)(※5)
6段目 調度品
7段目 重箱、かご、御所車(牛車)
※1…親王飾りの場合
※2…三段十人飾りの場合
※3…三段五人飾りの場合
※4…五段十人飾りの場合
※5…五段飾りの場合

【ひな人形の飾り方】人形の名称と飾り方

①内裏びな

出典:写真AC

内裏びなは天皇家の婚礼をかたどった人形です。通常「おひなさま」と「おだいりさま」と呼びますが、「内裏(だいり)」とは天皇家が住まう宮殿を指すため、「男雛」「女雛」が正式名称です。飾り方は、男雛は頭に「烏帽子(えぼし)」をかぶせ手に「尺」を持たせて向かって左側に、女雛は「檜扇(ひおうぎ)」を持たせて右側に並べます。京雛では並べ方が逆になります。

②三人官女

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

三人官女は女雛に仕える女官です。飾り方は向かって左に「提子(ひさげ)」というやかんのようなものを持つ女官、中央に「三方(さんぽう)」という盃をのせる台や「嶋台」という飾り台を持つ座った女官、右には「長柄銚子(ながえのちょうし)」という柄杓(ひしゃく)のような道具を持つ女官の順です。

左右の女官は外側になる足を前に出していますので、それも見分けるポイントです。

③五人囃子

出典:写真AC

「囃子(はやし)」とは、能や歌舞伎など日本芸能でバックミュージックを流す、いわばオーケストラです。左から順に、太鼓、大鼓(おおづつみ)、小鼓(こづつみ)、笛、謡(うたい)です。太鼓はバチをもたせ、足元に太鼓を置きます。大鼓は左手に大鼓、小鼓は右肩に小鼓、笛は両手に笛、謡は手に扇を持たせます。お揃いの脇差と烏帽子をつけてできあがりです。

雅楽を奏でる五楽人や七楽人の場合もあります。この場合は、左から琴、横笛、縦笛、火焔太鼓、笙(しょう)、琵琶(びわ)、羯鼓(かっこ)の順で並べます。

④随臣(右大臣・左大臣)

弓矢を持ち、男雛女雛を守るのが随臣(ずいしん)です。男雛側に右大臣、女雛側に左大臣を置きます。右大臣は若く、黒い衣装を着ているのが特徴です。左大臣は赤い衣装で、髭の生えた老人の場合が多いです。年齢で見分けがつかない場合は衣装の色で見分けましょう。冠をかぶせ背中に幅広い背矢、右手に矢の束である手矢、左手に弓を持たせます。

右大臣の「右」、左大臣の「左」は上にいる"男雛から見たときの右左"になります。そのため、飾る側から見て逆の配置になります。

⑤仕丁(しちょう)

出典:写真AC

「仕丁」とは、身の回りの雑事をこなす従者です。向かって左から先が丸く膨らんでいる「台笠(だいがさ)」、靴を置く台を持っている「沓台(くつだい)」、長細い棒の「立傘(たてがさ)」と並べます。外出用の道具ではなく、掃除道具の場合もあります。その場合は、左から「ほうき」「ちりとり」「熊手」の順に持たせましょう。

【ひな人形の飾り方】道具の名称と飾り方

①小道具

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ひな飾りには、さまざまな小道具がつきものです。「三宝(さんぽう)」は神様に供えるための飲み物を入れる「瓶子(へいし)」をのせるもので、内裏雛の中央に置きます。「菱台(ひしだい)」は菱餅をのせて内裏びなの前やお膳と一緒に四段目に、「高坏(たかつき)」は紅白餅やお菓子をのせて三人官女の間におきます。

②嫁入り道具

出典:写真AC

嫁入り道具はおひなさまが嫁入りするときに一緒に運んだものです。タンスや鏡台、針箱、茶道具といったものが含まれています。並べ方としては左から箪笥、長持と挟箱(平たい箱とそのうえに小さな箱2つをのせる)、鏡台、針箱(上にL字を逆さにした棒がついたもの)、火鉢、衣装袋、茶道具の順です。

③駕籠(かご)・重箱・御所車(ごしょぐるま:牛車)

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

おひなさまが嫁ぐために乗るかごや牛車もセットに入っています。かごは両端を人が担いで運ぶためのものです。仕丁が持っている立傘が2本セットになっていることが多いので、横に立てて飾ります。向かって左にかごを置き、中央にお弁当である重箱、右側に牛に引かせて乗る御所車を置きます。

④桜・橘

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

桜・橘は天皇家に馴染みの深い京都御所の「紫宸殿(ししんでん)」の橘と、桜をまねて作られたものです。紫宸殿の庭には東側に桜、西側に橘が飢えられていて、左近の桜、右近の橘といわれます。位置は随臣と同様、向かって左側に橘、右側に桜です。セットによっては紅白梅のこともあります。その場合は、向かって左に白梅、右に紅梅を配置します。

次のページは、ひな人形のしまい方です。細かいところに気を遣ったしまい方をすれば、おひなさまも長持ちしますよ。

次のページ

ひな人形のしまい方

関連記事

記事ランキング