ガーデンテーブルの作り方・DIY方法!材料と具体的手順を公開!

ガーデンテーブルの作り方・DIY方法!材料と具体的手順を公開!

庭やウッドデッキに映えるおしゃれなガーデンテーブルを作るために、基本の簡単な作り方や材料を紹介しています。初心者におすすめな木材である2×4材や、テーブルのアレンジした作り方など、ぜひご覧ください。おしゃれなガーデンテーブル作りを楽しみましょう。

記事の目次

  1. 1.ガーデンテーブルとは?
  2. 2.ガーデンテーブル作りの準備
  3. 3.ガーデンテーブルの作り方
  4. 4.ガーデンテーブルのおしゃれな作り方4つ
  5. 5.オリジナルのテーブルを作ってみよう!

ガーデンテーブルとは?

Photo byfbhk

ガーデンテーブルとは、庭やベランダなど、屋外に置くテーブルのことです。素材は木だったりプラスチックだったり、さまざまなものが販売されていますが、最近ではガーデンテーブルをDIYする(自作する)人が増えています。この記事ではガーデンテーブルの作り方や材料、アレンジ方法まで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ガーデンテーブル作りの準備

Photo byAnnaliseArt

ガーデンテーブルを自作するにあたって、準備することを紹介します。設計の仕方や、失敗しないように、押さえておくべきポイントについてです。事前に設計や確認ができていれば、失敗することも少なくなるでしょう。これから初めてDIYをする人は、設計の仕方などをぜひ参考にしてみてください。

テーブルの設計

Photo byStartupStockPhotos

まずは、テーブルの設計をしていきます。どんなテーブルが作りたいかをイメージしましょう。だいたいのイメージができたら、図面に書いて設計をします。初めてDIYをする人にとっては、設計は1番難しいことだと感じるでしょう。しかし、慣れてしまえば簡単です。さらに詳しい設計の仕方を解説していきます。

庭やウッドデッキに合ったサイズにする

Photo bystux

テーブルを作るにあたって1番大事なのは、サイズです。庭やベランダのウッドデッキとのサイズ感をしっかりと確認し、設計しましょう。テーブルが大きすぎると、とても狭くて使いづらく、見栄えも悪くなってしまいます。慣れていないと少し難しいですが、図面などで書きながら設計しましょう。

テーブルを色んな方向から見た図を書く

図面に書くときは、テーブルを真上や真下、横から見た図、なおかつ実際の長さを10分の1にして書くと分かりやすいでしょう。たとえば、作りたいテーブルの横幅が100cmだった場合、図面に書くときは10分の1、つまり10cmに書きます。この方法はテーブルだけでなく、他のものを作るときにもおすすめです。写真のように、工作用紙を使っても分かりやすいでしょう。

材料などの下見に行くとなおよい

木材や塗料などの材料は、値段や質など種類がたくさんあるので、サイズが決まったら、一度下見として販売店に行くことをおすすめします。また、店によって販売しているものが違うので、何軒か回ってみるのもよいでしょう。テーブルのイメージや予算の確認もできるので、下見はおすすめです。

次のページ

ガーデンテーブルの作り方

関連記事

記事ランキング

記事はありません。